| main |
2014.08.01 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.08.01 Friday

    ダブルス戦術らくらくマスタープログラムとは?

    0
      【テニス】ダブルス戦術らくらくマスタープログラム│ダブルスの試合で対戦相手をコントロールし、試合を支配する戦術『邪悪な配球』の秘訣を教えます!

      【テニス】ダブルス戦術らくらくマスタープログラム│ダブルスの試合で対戦相手をコントロールし、試合を支配する戦術『邪悪な配球』の秘訣を教えます!


      少しわたしの話をさせて下さい。

      ダブルス戦術らくらくマスタープログラム

      わたしの家族はテニス一家でした。

      母や兄の影響を受けて小学生時代からテニスをはじめ、高校時代にはインターハイでダブルスベスト16に入りました。

      しかしこのインターハイで自分の甘さを思いしることに。

      今となってはトッププレーヤーの鈴木貴男プロや石井弥起プロと対戦。

      自分と比べて、打球の伸びも違えば、ボールに向かう動きもまったく違う二人。

      そこで感じたのは、悔しさとも違った感情でした。

      「・・・まるで違うスポーツをしているようだ」

      自分のテニスに限界を作った瞬間。

      がんばっても無駄だと思い、使用していたラケットも全て手放しました。

      そしてテニスサークルに入った大学時代。

      強くなるというよりは楽しむための選択でした。

      なんとなく国内のJOP大会にトライしていましたが、成績は伸びる事もなく…

      コーチから「おい、洋平。もっと足を鍛えたほうがいいぞ」とアドバイスを受けても、「いや、もういいんです」と諦めて、実践しない日々。

      内心もっと上手くなりたい気持ちがくすぶり続けながらも、自分と向き合う勇気が足りず。

      テニスの上達からずっと逃げていました。

      そのような状況で基礎が固まるわけもなく、コンプレックスだけが強くなっていきました。


      ダブルス戦術らくらくマスタープログラム

      弱い自分と強くなりたい思いが同居する中、大学卒業後、縁あってオーストラリアに数カ月のテニス留学をする事に。

      当時23才。

      この留学が、これからのテニス人生を変えることに。

      思い出すだけでも恥ずかしいのですが、ここだけの話、相手が10歳だと甘くみて、優しくスマッシュを返した所、「Why(どうして)!?(怒) 決めるときはしっかり決めないとだめだよ!」と本気で叱られてしまったのです。

      体中に衝撃が走りました。

      「10歳の子供が勝負にかけている真剣さに、自分は向き合えているのか。」

      それに続き、わたしのテニス人生に最も影響を与えた、ピーターとの出会いがあったのです。

      ダブルスにおいて、パートナーとのコミュニケーションがいかに大事か。

      あれはとある試合のこと。

      本当に運良く、当時世界45位だったピーターと組む機会があったのです。

      ピーターとの実力差を痛感し、引け目を感じながら縮こまったプレーをしてしまう自分。

      わたしのミスが何度も続き、ピーターに謝ろうと「ソーリー」と言ったとき。

      ピーターは「俺が悪かったよ、洋平」といって、ウインクをしてくれたのです。

      一瞬何も考えられ無くなる程に、感動しました。

      ほかにも、完全にわたしのミスであるにもかかわらず、「Do ”your” best」 ではなく、「Do ”our” best」 といって励ましてくれ、 一緒にがんばっていこうという空気をつくってくれた。

      この時、ダブルスにおいて、いかに相手との気持ちのよいコミュニケーションが嬉しいものか、自分が弱い側の立場から痛い程実感しました。


      ダブルス戦術らくらくマスタープログラム

      オーストラリアでテニスに向き合ったことで、決意を新たにする事ができました。

      オーストラリアで学んだ経験も生かし、基礎から鍛え直すことで、テニスの実力が急速に上達。

      それからというもの、徐々にJOP大会での成績もよくなり、全日本テニス選手権大会でシングルス・ダブルス共に本戦に出場。

      2001年〜06年には埼玉県の国体代表選手を務め、02年の高知国体7位、03年の静岡国体6位、04年の埼玉国体4位

      国体という全国の舞台でライバルと戦うことができ、好成績を収める事ができました。

      しかしこの間も、激しい腰痛や肩のけが等で思いとおりにプレー出来ないことも多く、最終的には今後への不安もあってか不眠症気味に。

      「楽しいはずのテニスが、痛みで練習できずに結果も出ない…」

      そして国体選手としての最後は、栃木の国体地区予選でした。

      熱中症に倒れ、気づくとトレーナーが全身氷づけにして冷やしてくれていたのです。

      「これ以上チームに迷惑をかけられない」

      限界を感じたわたしは、ランキング争いをする国体選手としてプレーする事に終止符を打ちました。


      ダブルス戦術らくらくマスタープログラム

      国体から身をひいたあとも、体に優しいテニスの練習を続けていました。

      幸運なことに腰痛の調子もよくなってきたため、草トーナメントに参戦する事を決めました。

      ただ国体が3セットマッチであるのに比べ、草トーナメントは1セットマッチの短期決戦。

      更に多くの予選を勝ち進む必要がある。

      つまり、「多くの相手と当たって勝ち続けなければならない」

      そのため、

      ・少しの失敗が負けにつながる
      ・だからといってちぢこまっても勝てない

      そんな駆け引きが求められていたのです。

      最初こそJOP大会や国体との違いにとまどい結果が出ませんでしたが、「勝ち続けられるテニススタイルとは何か」を追求していくことで、

      ◎ 国内最大規模の白子テニスフェスティバル2連覇(2011年、2012年)
      ◎ 三大クラッシックの軽井沢国際テニストーナメント5連覇中(2009年〜2013年)
      ◎ 田園テニストーナメント 2010,2012年優勝

      という実績を上げることができたのです。

      わたしが勝てた秘密をお伝えするとすれば、

      ・ミスをしない正確なショット
      ・決めにいくボールと、そうでないボールの見極め
      ・立ち上がりのコンディションを整える

      と言う事なのですが、

      それ以上に大事になってくるのが、現役時代には考えつかなかった、

      『邪悪な配球』という勝ちつづけるための戦術なのです。

      これは草トーナメントに適用する為にわたしが独自に研究したものですから、体系だてて理解しているテニスプレーヤーは殆どいません。

      貴方が、テニスで勝つために人と違う武器を手に入れたいのであれば、ぜひこの戦術を取り入れてほしいのです。



      スキルアップ出来ることは間違い御座いません
      赤羽毅朗 様


      ダブルス戦術らくらくマスタープログラム

      このDVDでは、ストローク・ボレー・スマッシュ・サービス・リターンとあらゆるショットの基本動作をはじめ、「いかに試合を優位に進めるか」に着眼した数々のパターン練習が紹介されています。

      これだけならば他のDVDと同じようにも思えますが、こちらのDVDがひと味違う点は、相手の心理面を考えたアドバイスがされていることです。

      石田さんとはわたしが高校時に1度対戦していますが、各ショットの質の高さもさることながら、こちらの心理を読んだプレーをされ、手も足も出なかったことを覚えています。

      テニスでは、技術の高さだけを競っていては試合に勝つことは出来ません。

      高い技術を追い求めながら、楽にポイントが取れるパターンを身につけ、そして相手の心理面を考える総合的な取り組みによって、大きく上達する事ができます。

      プロフェッショナルとして戦っていた石田さんならではの、丁寧でトータルな指導を皆さんもぜひ受けてみて下さい。

      ここで紹介されている技術・戦術を一つずつ学んでいけば、必ずスキルアップ出来ることは間違い御座いません。

      >>更に詳しい内容はこちらから






























      【ダブルス戦術らくらくマスタープログラムの関連サイト一覧】
      ダブルス戦術らくらくマスタープログラム ダブルス戦術らくらくマスタープログラム ダブルス戦術らくらくマスタープログラム ダブルス戦術らくらくマスタープログラム ダブルス戦術らくらくマスタープログラム

      【その他テニス上達法】
      テニス・ジュニア選手育成プログラム 【ミナミグリーンテニスクラブ代表 倉林愛一郎 監修】 テニス・ジュニア選手育成プログラム
      2014.08.01 Friday

      スポンサーサイト

      0
        Calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        PR
        おすすめテニス上達法

        試合に強くなるテニス〜簡単に勝てるダブルス〜

        試合に強くなるテニス〜簡単に勝てるダブルス〜

        ダブルスを勝ち続けるための絶対戦術

        ダブルスを勝ち続けるための絶対戦術 フルセットコース

        杉山貴子のダブルス必勝プログラム

        テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラム

        ダブルスの試合を有利に運ぶための展開術

        加藤季温の『ダブルスの試合を有利に運ぶための展開術』 4枚組フルセット [NY0007]

        新井流フルスイングテニス塾

        新井流フルスイングテニス塾 〜確率&スピードを自在に操る回転系サービス〜【AT0008】

        神谷流テニス最速上達法

        神谷流テニス最速上達法

        コアスイングテニス最短上達プログラム

        コアスイングテニス最短上達プログラム

        小浦武志のプロフェッショナルテニス理論

        小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

        テニス・ジュニア選手育成プログラム

        テニス・ジュニア選手育成プログラム 【ミナミグリーンテニスクラブ代表 倉林愛一郎 監修】

        ダブルス戦術らくらくマスタープログラム

        【テニス】ダブルス戦術らくらくマスタープログラム│ダブルスの試合で対戦相手をコントロールし、試合を支配する戦術『邪悪な配球』の秘訣を教えます!
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM